咳にはいろいろな種類があります。

咳にはいろいろな種類があります。

咳止めを飲んでもなかなか治らない“長引く咳”には、様々な原因が考えられます。
ゼイゼイという呼吸を伴った咳や乾いた咳など、その咳に適した治療をしないと症状は一向に良くならず、長期間咳に悩まされることになります。当院では成人の咳の治療に力を入れています。

詳しくはこちら

喘息・気管支喘息

喘息・気管支喘息

呼吸が苦しい、息を吸うとゼイゼイと音がする、夜中に発作が起きて眠れない・・・・・・つらい喘息のお悩みを、最新の予防と治療の両面から和らげるお手伝いをします。

詳しくはこちら

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

たっぷり寝たのに気分が優れない、日中眠くなる・・・・・・そんな方は睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。睡眠時無呼吸症候群は自覚症状が少ないけれど、放っておくと命にかかわる恐ろしい病気です。当院では睡眠時無呼吸症候群の治療を専門的に行っているため、適切な検査と治療で症状を改善します。

詳しくはこちら

当院のコンセプト

院長 鈴木隆之

当院では喘息、成人の長引く咳、睡眠時無呼吸症候群の治療に力を入れています。
喘息においては普段の喘息のコントロールはもちろん、喘息発作の場合の点滴や吸入治療も院内で即座に行いますので安心しておかかり頂ければと思います。

また、世の中には咳止めが効かない咳が数多く存在します。咳の原因に応じた治療がなされていないため、夜間も咳でお困りの患者様も数多く当院に来院されます。咳はその原因をしっかり鑑別し、原因に応じた治療をすれば治っていくのです。さらに、睡眠時無呼吸症候群ですが、世の中の7、8割以上の睡眠時無呼吸症候群の患者様は適切な治療を受けることが出来ないでいる状況です。それは自分で睡眠時無呼吸症候群であることが、なかなかわからないからです。

昼間の眠気が強い人、朝起きた時に頭がスッキリしなかったり、頭痛がする人、いびきがひどい人、メタボの人、下あごが小さい人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
当院では睡眠時無呼吸症候群の検査として自宅で簡易検査を施行することが出来ます。また、CPAP(持続陽圧呼吸)のため、通院されている患者様も数多くいらっしゃいます。日野市の喘息、咳、睡眠時無呼吸症候群の治療については鈴木内科クリニックをよろしくお願いします。

詳しくはこちら

クリニックからのお知らせ

一覧を見る

2015/03/19

【骨塩定量測定を開始いたしました】
院内で骨塩定量測定を開始いたしました。
左手のレントゲン写真を撮影するだけで骨塩定量が可能です。撮影直後に結果を印刷して患者さまにお渡ししています。

2014/12/11

平成27年1月から月、火、木、金の受付終了時刻が18時45分となります。よろしくお願いします。

2014/12/11

12月29日から1月3日までは年末年始のため休診となります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

鈴木内科クリニック 〒191-0031 東京都日野市高幡507-4 高木メモリアルメディカルセンター2F お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 042-599-7021
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒191-0031
東京都日野市高幡1009-7 TIKビル2F

【受付時間】
[平日]
午前:9:30~12:30
午後:15:00~18:45

[土曜]
9:30~13:30

[休診日]
水曜日・日曜日・祝日

詳しくはこちら