ホーム > 喘息・気管支喘息

喘息・気管支喘息

気管支喘息が起こる仕組み

口から肺へと続く空気の通る道(気道)が狭くなってしまうために、呼吸が苦しくなりヒューヒューゼイゼイと音を立てながら呼吸をする状態となる病気が気管支喘息です。
気管支喘息のときに、気道が狭くなる理由として挙げられる大切なことは「気道の炎症」と気道の炎症に伴う「気道過敏性の亢進」です。

気管支喘息が起こる仕組み

(アストラゼネカHPより引用)

1.気道の炎症
人間の体は免疫作用によって外敵から守られています。

ところが気管支喘息の患者さんはこの免疫作用(外的から自分を守ろうとする兵隊さんの役割)が過剰に 作用してしまうために、この過剰な自己防衛反応によって気管の壁が厚くなったり、粘り気のある痰がたくさんでるようになったりして気道が狭くなってしまうのです。

2.気道過敏性の亢進
もうひとつ気道が狭くなる理由が気道過敏性の亢進です。

気管支喘息の患者さんは気道の上皮細胞が壊されるとその下にある神経がむき出しの状態となるので、 ほんの少しの刺激(気温や気圧の変化、刺激性物質など)でも気道が反応しやすくなってしまいます。これを「気道過敏性の亢進」といいます。
「気道の炎症」や気道の炎症に伴う「気道過敏性の亢進」によって気管支のまわりにある「気管支平滑筋」という筋肉が収縮しやすくなります。このように、気道の炎症や気道過敏性の亢進によって気管が狭くなると喘息の症状が出現します。

気管支喘息の原因

喘息(ぜんそく)は、刺激に反応した気道が炎症を起こして狭くなり、呼吸が困難になる病気です。
自覚症状のない軽いものから、重篤になれば呼吸ができず死に至ることもあり、現在でも、年間に何千人もの人が命を落としています。

大人の喘息の大半は、アレルギー・外部刺激が原因と言われています。
ホコリ、ダニ、花粉、ペット、タバコの煙などの刺激に反応し、気道が炎症を起こすのです。
さらに気候の変動や精神的なストレスも発作の原因となることがあります。

気管支喘息の治療

気管支喘息の治療

アレルゲンの特定をするとともに、
投薬治療で症状のコントロールを行います。


発作時の炎症をおさえる吸入ステロイド薬と、気道を広げる薬を併用します。
現在、喘息の薬は従来よりもさらに進化しており、一つで両方の効果があるものも出てきています。
最新の情報を常に取り入れ、患者さまにより楽な治療を心がけています。

発作が起こらないようにする治療と、発作時の治療を並行して行います。
普段から先手を打って、なるべく発作が起きないようコントロールし、いざ起きた時でも軽い症状で済むように、投薬や吸入治療を組み合わせます。

症状がおさまっても、根気よく治療を続けましょう

喘息は、基本的には「長く付き合う」タイプの病気です。
症状がおさまると、治療を中断する方がいらっしゃいますが、これは危険です。
発作がおさまっても、気道の状態が正常でない場合、また新たな刺激で発作を起こす可能性があります。

通常、発作がおさまって安定した状態が続いている場合、
三ヶ月ごとにお薬を徐々に減らしていく「ステップダウン」という過程に進みます。

ぜんそくの管理についてはこちら

鈴木内科クリニック 〒191-0031 東京都日野市高幡507-4 高木メモリアルメディカルセンター2F お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 042-599-7021
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒191-0031
東京都日野市高幡1009-7 TIKビル2F

【受付時間】
[平日]
午前:9:30~12:30
午後:15:00~18:45

[土曜]
9:30~13:30

[休診日]
水曜日・日曜日・祝日

詳しくはこちら