ホーム > 喘息・気管支喘息 > ぜんそくの管理

ぜんそくの管理

ぜんそくの管理について


気管支喘息は定期的な治療をしていたとしても、風邪をひいたり、アレルゲン(喘息の原因となる物質)に暴露したり、季節の変わり目であったり、気候が変化したり、ストレスが加わったりといろいろな条件によって状態が左右されます。咳、喘鳴、呼吸困難などの自覚症状も大事ですが、喘息の状態を把握するための客観的指標として大事なものが、ピークフロー値になります。ピークフロー値とはできるだけ深く息を吸い込んだ後に、できるだけ速くはきだした息の速度のことでピークフローメーターを使って自宅で測定します。
喘息のコントロールが悪くなるとこの値が低下します。性別や年齢、身長によって値が異なりますが、目安となる値(あるいは自己ベストの値)の80%以上を保つことが大事です。この値を定期的に測定することで自分の喘息の状態を客観的な数値として把握することができます。



(「ぜんそくを知るための7つのポイント」 アボットジャパン株式会社より引用)

家庭で出来るぜんそく予防について


① タバコをやめましょう
② お酒は控えましょう
③ 急激な温度変化に注意しましょう
④ ペットは家のなかで飼わないようにしましょう
⑤ 過労やストレスはさけましょう
⑥ 部屋をこまめに掃除しましょう
⑦ カゼにかからないように注意しましょう
⑧ 薬は指示どおりにきちんと続けましょう
⑨ 布団をこまめに干しましょう
⑩ 規則正しい生活をしましょう


気管支喘息であってもきちんとコントロールさえできれば、普通の生活をすることができます!
参考HP:社団法人日本アレルギー学会HPアストラゼネカHPMSD HPグラクソスミスクラインHP
鈴木内科クリニック 〒191-0031 東京都日野市高幡507-4 高木メモリアルメディカルセンター2F お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 042-599-7021
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒191-0031
東京都日野市高幡1009-7 TIKビル2F

【受付時間】
[平日]
午前:9:30~12:30
午後:15:00~18:45

[土曜]
9:30~13:30

[休診日]
水曜日・日曜日・祝日

詳しくはこちら