院長のブログ

2015年4月 7日 火曜日

喘息死について

気管支喘息はふだんからきちんと治療していれば、健常な方と同じ生活ができます。プロのスポーツ選手の中にも気管支喘息の持病をお持ちの方がいらっしゃいます。スポーツ選手の方でも、しっかりと喘息のコントロールをしていけば、他の選手と同じようにプレーができます。しかし、日本では気管支喘息によってお亡くなりになってしまう方もいらっしゃいます。以前は年間で6000名以上の方が気管支喘息で亡くなられました。最近では吸入薬(炎症を抑える薬と気管を広げる薬の合材)の普及により喘息でお亡くなりになってしまう方が減り、2013年には喘息死の方は年間で2000人未満を達成しています。このように気管支喘息も治療が発達し効果を示してきていると言えます。

投稿者 鈴木内科クリニック

鈴木内科クリニック 〒191-0031 東京都日野市高幡507-4 高木メモリアルメディカルセンター2F お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 042-599-7021
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒191-0031
東京都日野市高幡1009-7 TIKビル2F

【受付時間】
[平日]
午前:9:30~12:30
午後:15:00~18:45

[土曜]
9:30~13:30

[休診日]
水曜日・日曜日・祝日

詳しくはこちら