院長のブログ

2015年8月 1日 土曜日

7月末から胃腸炎が流行

お子様が夏休みで家でのんびりしているようなご家庭も多い季節になりました。高幡不動の近くでも、夏日が多くなっています。7月下旬から、どうも、例年に比べて胃腸炎で来院される患者さまが多いように感じております。ウイルス性の胃腸炎がほとんどです。胃腸炎のときには、まず、腸を休めることが大事です。そのために必要な患者さまには点滴をして1日間は絶食としていただきます。水分も一度にたくさん飲むことはやめて、1回の摂取量はできるだけ少量にしてもらいます。これは食事を摂取したり、多量の水分を摂取してしまうと、下痢や嘔気や腹痛がひどくなってしまうからです。症状がひどい間は食事は摂取しないほうが良いのです。たいていの患者さまは丸1日絶食しますと症状が改善し、翌日くらいからお粥やうどんを食べることができるようになってきます。このときも、ふだんよりは摂取量は控えたほうが望ましいと思われます。なかには何日か症状が遷延して、連日点滴が必要な患者さまも一部にはいらっしゃいますので、注意は必要です。

投稿者 鈴木内科クリニック

鈴木内科クリニック 〒191-0031 東京都日野市高幡507-4 高木メモリアルメディカルセンター2F お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 042-599-7021
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒191-0031
東京都日野市高幡1009-7 TIKビル2F

【受付時間】
[平日]
午前:9:30~12:30
午後:15:00~18:45

[土曜]
9:30~13:30

[休診日]
水曜日・日曜日・祝日

詳しくはこちら