ホーム > 生活習慣病

生活習慣病

高血圧

高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺人者)と言われるように、自覚症状を伴うことが少ないまま、さまざまな臓器障害(脳の血管障害、心臓の血管障害、腎臓の血管障害など)をもたらす可能性のある疾患です。ご家庭での血圧と診察室での血圧が異なる方もいらっしゃいます。診察室での血圧は正常でもご家庭での血圧が高い方は仮面高血圧といわれます。

仮面高血圧の患者さんはそうでない患者さんに比べて見逃されやすかったり、臓器障害をきたす可能性が高いといった特徴があり、注意が必要です。また、ご家庭での血圧、診察室での血圧、若年・中年者の患者さんの血圧、高齢者の患者さんの血圧、糖尿病患者さんの血圧、腎臓病患者さんの血圧とさまざまな条件によって血圧の目標が異なっております。

臓器障害を進展させないようにするためにも、一日のうち、「いつ」血圧が高いのか、また、どのくらいまで血圧を調整するのが望ましいのか、対象となる患者さんによって治療の方法は異なるのです。
当クリニックではひとりひとりの患者さんに合った血圧のコントロールを行うことで状態の改善に取り組んでいます。

糖尿病

最近では糖尿病の予備軍の患者さん、また糖尿病になったばかりの患者さんであっても血管の病変が進んでいる方がいらっしゃることがわかっています。糖尿病では単に血糖値をコントロールするというだけではなく、いかにこの血管障害を含めた臓器障害を進展させないようにしていくかが大事になります。

血糖を下げるホルモンであるインスリンが過剰に分泌されているが十分に作用しない患者さんと、インスリンが不足している患者さんでは治療の方法が異なります。当クリニックでは食事、運動療法から内服治療、インスリン治療に至るまで、さまざまな患者さんの状態に応じて適切な治療法を選択し糖尿病の改善を図ります。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは以前は高脂血症と言われていたものです。脂質異常症のガイドラインにより総コレステロールは診断項目から除外され、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪が診断基準の項目となっています。LDLコレステロールの目標となる値も冠動脈疾患(心臓の血管の病気)のある患者さんと冠動脈疾患の既往がない患者さんで異なります。

また、冠動脈疾患のない患者さんの場合は危険因子(年齢、高血圧、糖尿病、喫煙、冠動脈疾患の家族歴、低HDL血症)がいくつ存在するかによって目標となるLDLコレステロールの値が異なります。当クリニックでは、患者さんの状態に応じてLDLコレステロールの値を下げるだけではなく、心血管病変の保護も考慮した治療法の選択を行っております。

鈴木内科クリニック 〒191-0031 東京都日野市高幡507-4 高木メモリアルメディカルセンター2F お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 042-599-7021
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒191-0031
東京都日野市高幡1009-7 TIKビル2F

【受付時間】
[平日]
午前:9:30~12:30
午後:15:00~18:45

[土曜]
9:30~13:30

[休診日]
水曜日・日曜日・祝日

詳しくはこちら